Top > 恵友電鉄 > 恵友バス > 恵友東営業所
HTML convert time to 0.008 sec.


恵友電鉄/恵友バス/恵友東営業所

Last-modified: 2017-09-08 (金) 00:34:07

恵友バス恵友東営業所(けいゆうひがしえいぎょうしょ)は、恵友バスの営業所である。

営業所所在地:〒XXX-XXXX ○△県恵友市東郊町3丁目2-1

概要 Edit

川前町駅の東側が主な営業範囲。
・望洋台・新生台地区の団地輸送・地域内輸送も担っている。

路線図 Edit

↓クリックすると大きくなります。
恵友東営業所.png

運賃 Edit

特殊区間制(初乗り180円):倉橋駅前より東、上村2区(倉橋駅の北側)より北は特殊区間
均一区間制(200円):新明田駅前~上村2区の間

路線紹介 Edit

※BT=バスターミナルの略

望洋台循環 Edit

望1 新生台BT→虹ヶ丘2→望洋台駅前→新生台BT
望2 新生台BT→望洋台駅前→虹ヶ丘2→新生台BT
・新生台地区の東側を循環する路線。右回りが望1系統、左回りが望2系統。
・本数は両方向とも1時間に1本程度である。

緑ヶ丘循環 Edit

望3 新生台BT→望洋台駅前→緑ヶ丘2→新生台BT
望4 新生台BT→緑ヶ丘2→望洋台駅前→新生台BT
望6 新生台BT~恵友工大前
・新生台地区の西側を循環する路線。右回りが望3系統、左回りが望4系統。
・望6は学生通学対策用。大学のある日は本数が多いが、休みの日は運休。
・本数は望3・望4とも1時間に1本程度。
・望6は平日は1時間に1~3本。大学の講義時間に合わせ増発される。

工業大学線 Edit

望5 望洋台駅前~恵友工大前
・望洋台駅から恵友工大を結ぶ路線。短い区間ながら利用は割とある。
・望6と異なり、休日も一定の本数はある。
・平日は1時間に2本。休日は1時間に1~2本。朝夕は本数が多くなる。

花田新生台線 Edit

花2 新生台BT~東営業所~花田駅前
・新生台から花田駅を結ぶ路線。需要は少ない。若菜経由の若1系統の方がよく利用される。
・本数は少なく、2~3時間に1本程度。

川前町線 Edit

明3 新明田駅前~川前町駅前~東営業所
川1 川前町駅前~花田駅前~若菜駅前
・東恵線や環状線が並行しているため、利用はそれほど多くない。
・本数は両系統とも1時間に1本程度である。

明田十時線 Edit

十時1 新明田駅前~ゼッケンズ橋~十時公園
・新明田駅と十時地区を直接結ぶ路線。環状線延伸開業以前はもっと本数は多かった。
・地味に明田・環状・東恵の3路線を結ぶ路線でもある。
・本数は1時間に1本程度である。
・因みに、途中にある「ゼッケンズ橋」の由来は、デレマス(デレステ)の「ゼッケンズ」にちなんだ名前である。

十時望洋台線 Edit

十時4 十時川島駅前~恵友工大前~新生台BT~東営業所
・十時地区と新生台地区を直接結ぶ路線。鉄道で川前町駅で乗り換えずに行けるのがミソ。
・そもそも、設定の理由は「十時方面への入出庫」である。
・本数は1時間に1本程度。新生台から先は入出庫系統と思しき区間の為、本数はぐんと減る。

若菜線 Edit

若1 新生台BT~日の出2~若菜駅前~花田駅前
・新生台と若菜駅を直接結ぶ路線。新生台~花田間はこちらの方が便利。
・本数は1時間に2本程度。

十時線(急行) Edit

急行10 十時公園~十時川島駅前~恵友駅前
・イベント開催時のみ運行する臨時便だが、系統番号がついている。
・十時公園、十時川島駅前、恵友駅前以外は無停車。

その他 Edit

・新生台・望洋台地区のみの利用に限り、180円均一となっている。