Top > 咲花支社
HTML convert time to 0.002 sec.


咲花支社 の変更点


 //荒らし出現の為、2015/1/30の班に差し戻して表示
 
 &attachref(./楓が崎扉絵1_0.png);
 
 |>|>|>|CENTER:[[朝陽連合]]|
 |[[関急電鉄]]|[[飛騨急電鉄>神陸地方開発記]]|[[瑞穂地方鉄道]]|鳴滝急行電鉄(ニコ鉄外)|
 
 *おしらせ [#h4e2c159]
 咲花支社開発期の投稿を無期限で休止いたします。
 新年明けましておめでとうございます。毎度咲花支社開発期をありがとうございます。
 今回、咲花支社開発期の投稿を無期限で休止いたします。
 いつもご視聴いただいていた方にはご迷惑をおかけいたしますがご了承のほどよろしくお願いいたします。
 復帰予定は未定ですが、周りの状況が落ち着き、気分回復の状況次第になります。
 //咲花支社開発記 第7回は年明け1月頃投稿予定です。今しばらくお待ち下さい。
 
 2018/01/06 お知らせ更新
 2017/12/06 次回投稿予定掲載
 2017/11/09 [[Wolf works>咲花支社/wolf works]]のページを作成。
 2017/10/08 [[朝陽連合]]各社へのリンク作成。
 2017/10/07 [[咲花支社/Soraca]]のページを作成。当ページからのリンク作成。
 2017/09/30 朝陽連合直通路線図の差し替え、咲花支社管内路線図の掲載を実施。
 2017/09/28 Wiki内情報を一部更新。
 2017/09/02 第6話を投稿しました。
 2017/09/02 「[[朝陽連合]]」に加盟いたしました。
 *ロゴマーク [#gfd34799]
 この度ロゴマークを一新いたしました。
 CENTER:&attachref(./ニコ鉄咲花新ロゴマーク.png,,20%);
 *投稿動画一欄 [#y450e391]
 |14/12/26 1話|15/01/26 2話|
 |#nicovideo(sm25207407)|#nicovideo(sm25425836)|
 |15/03/18 3話|16/05/02 4話|
 |#nicovideo(sm25819396)|#nicovideo(sm28756667)|
 |16/09/10 5話|17/09/02 6話|
 |#nicovideo(sm29619808)|#nicovideo(sm31850573)|
 |2018年1月ごろ投稿予定 7話|咲花支社マイリスト|
 |未定 7話|咲花支社マイリスト|
 ||#nicovideo(mylist/47495588)|
 
 
 *会社情報 [#leda2752]
 |CENTER:社名|CENTER:ゲーム|CENTER:うp主|CENTER:開発都市名(使用マップ名)|CENTER:マイリスト|CENTER:最初回|CENTER:最新回|CENTER:更新日|h
 |~ニコニコ鉄道株式会社&br;咲花支社|CENTER:A9|CENTER:うるふ|CENTER:咲花市&br; (オリジナルマップ)|CENTER:[[●>http://www.nicovideo.jp/mylist/47495588]]|CENTER:[[●>http://www.nicovideo.jp/watch/sm25207407]]|[[第6話>http://www.nicovideo.jp/watch/sm31850573]]|CENTER:17/09/02|
 
 :社名|ニコニコ鉄道 咲花支社
 :資本金|いっぱい
 //↑『情報』バランスシートの右下にある『資本金』の金額
 :決算|1月1日
 :売上高|すごくおおい
 
 
 :代表者|代表取締役 稲南うるふ
 :業種|陸運業
 :事業内容|鉄道およびバスによる運送事業、不動産の売買、公共施設の費用負担
 :設立|2000年4月2日(ゲーム内時間)
 :本社所在地|〒334-2525 小金県咲花市 咲花中央無番地
 :営業キロ|鉄道 すごくながい
 //↑『情報』都市情報の『総延長』の距離
 :沿線人口|もうおなかいっぱい
 //↑『情報』都市情報の『人口』の人数
 :主要役員数|なんか数名いるらしい
 *事業方針と経営手法 [#w07075c0]
 平凡に鉄道会社を経営したかった(
 ** サテライト [#b243a08f]
 &attachref(./h_E_170218_0109.png);
 ** 路線図 [#pab1d229]
 &attachref(./咲花支社停車駅案内-01_0.png);
 咲花支社管内単独の路線図になります。
 
 &attachref(./関急電鉄線路線図白更新-01_0.png);
 朝陽連合直通関連の路線図になります。
 ** マップデータダウンロード [#b9e6d317]
 しばらく公開予定無しです
 
 ** ICカード乗車券SAKIHANA Soracaについて [#zec244cc]
 [[&attachref(./SakihanaSORACA-02.png,,60%);>咲花支社/Soraca]]
 Soracaをクリックすると専用ページに飛びます。
 *線名・駅名 [#je46bfed]
 -咲花線(さきはなせん)
 |駅名|読み|&color(Green){区間快速};|&color(Red){快速停車};|備考|h
 |北浜海岸|きたはまかいがん|&color(Green){◯};|&color(Red){○};|陽咲線・咲急線は乗り換え|
 |北咲花|きたさきはな|レ|レ||
 |咲花|さきはな|&color(Green){◯};|&color(Red){○};|咲急線・朝陽方面は乗り換え|
 |咲花新町|さきはなしんまち|レ|レ||
 |東田|ひがした|レ|レ||
 |桜ヶ丘|さくらがおか|&color(Green){◯};|&color(Red){○};|咲急線は乗り換え|
 |北須磨|きたすま|&color(Green){◯};|レ||
 |須磨ヶ丘|すまがおか|&color(Green){◯};|レ|電源線は乗り換え|
 |汐見台|しおみだい|&color(Green){◯};|&color(Red){○};||
 |菫ノ原|すみれのはら|&color(Green){◯};|レ||
 |楓ヶ崎|かえでがさき|&color(Green){◯};|&color(Red){○};||
 【解説】
 咲花支社管内で一番古い路線になってしまった基幹路線(もともとは咲花みなと線)。
 楓ヶ崎から桜ヶ丘・咲花と経由し北浜海岸から陽咲線につながる。
 かつては地平複線の路線だったが県からの立体高架化事業の支援を得て桜ヶ丘から咲花の区間を複々線立体高架化事業を実施。当初の計画では桜ヶ丘から陽咲線の船屋橋までの高架化計画があったが、朝陽連合との直通計画が船屋橋・来栖経由ではなく若津・朝陽経由に変更になったために頓挫。
 代わりに高速短絡新線である「さきはな陽咲ライン」が建設された。
 
 //咲花みなと線-(さきはなみなとせん)※廃線になりました。Wiki上表示データから削除 date2017/09/02
 //|駅名|読み|備考|h
 //|咲花|さきはな|咲花線は乗り換え|
 //|南咲花|みなみさきはな||
 //|咲花みなと団地|さきはなみなとだんち|「咲花工業団地」から駅名改称|
 
 -陽咲線-(はるさきせん)
 |駅名|読み|&color(Green){区間快速};|&color(Red){快速停車};|備考|h
 |小金大津浜|こがねおおつはま|&color(Green){◯};|&color(Red){◯};|こがねタウントラムはのりかえ|
 |小金下條|こがねしもじょう|&color(Green){◯};|レ|こがねタウントラムはのりかえ|
 |御陰町|みかげちょう|&color(Green){◯};|レ||
 |菜花浦|なばなうら|&color(Green){◯};|レ||
 |船屋橋|ふなやばし|&color(Green){◯};|&color(Red){◯};||
 |水無川|みながわ|レ|レ||
 |立待|たちまち|レ|レ||
 |神渡町|かみとちょう|&color(Green){◯};|&color(Red){◯};||
 |北浜海岸|きたはまかいがん|&color(Green){◯};|&color(Red){◯};|咲急線はのりかえ|
 |河岸|かわぎし|経由なし|経由なし|※動画内で一部「新河岸」と誤って表記しています。申し訳ございませんでした。|
 |桔梗平|ききょうだいら||&color(Red){◯};|さきはな陽咲ラインはのりかえ|
 |燕ヶ浜|つばめがはま||レ||
 |若津|わかづ||&color(Red){◯};||
 |砦ヶ崎|とりでがさき||&color(Red){◯};||
 |樋渡|ひわたり||&color(Red){◯};||
 |南朝陽|みなみあさひ||&color(Red){◯};||
 |朝陽|あさひ||&color(Red){◯};|関急電鉄 朝陽本線はのりかえ|
 【解説】
 咲花地区の小金大津浜から船屋橋・北浜海岸・若津を経由し、朝陽へ至る路線。
 当初、陽咲線は船屋橋から分岐し、海峡大橋・来栖を経由し現在の秋瀬へ至る「朝顔海峡線(仮称)」と桔梗平から新嘗峠を経由し飛騨地方方面に伸びる「日咲線(仮称)」の2路線からなる路線として建設される予定であった。
 しかし、朝陽地区での人口流動と費用対効果を鑑みた結果、山岳を超える路線と海峡大橋経由の2路線は建設されず第3の案であった「若津を経由し朝陽村中心部へ至る路線」として建設されることが決まった。
 また、この案の採用によって朝陽駅を中心とした直通ネットワークを構築することが決まった。それが「朝陽連合」である。
 
 -さきはな陽咲ライン-(さきはなはるさきらいん)
 |駅名|読み|備考|h
 |咲花|さきはな|咲花線・咲急線は乗り換え|
 |桔梗平|桔梗平|陽咲線に直通|
 【解説】
 咲花駅から朝陽方面へ直通計画が進む中、桔梗平駅まで短絡する必要があった。
 そのために作られた路線。特急と快速が主に運行される。
 高速地下路線のため、運行はニコ鉄咲花支社だが線路などの施設保有は
 第三種鉄道事業者の「咲花高速アクセス鉄道」が担う。
 
 -朝霧線-(あさぎりせん)
 |駅名|読み|備考|h
 |楓ヶ崎|かえでがさき|咲花線は乗り換え|
 |房咲|ふさき||
 |葵平|あおいだいら||
 |朝霧|あさぎり|一部列車はここで折り返し|
 |水稲峡|みずなきょう||
 |薺ノ守|なずなのもり|スイッチバックあります|
 |烏谷|からすだに||
 |おおばこ温泉|おおばこおんせん||
 【解説】
 桔梗平から朝霧町方面に向かう私鉄「朝霧電鉄」を買収してニコ鉄となった路線。
 当初は赤字ローカル線だったが、終着駅の現「おおばこ温泉」駅付近に温泉が湧くことが判明。
 温泉地へ向かうローカル線として復活を遂げた。
 現在では、1日に3往復の特急列車が運行されており、そのうちの1往復は関急朝陽旅客鉄道の晴海から来る特急「しおさぎ」となっている。アクセスも良く、「咲花の奥座敷」として評されている。
 *採用車種一覧 [#le6c896b]
 -旅客列車
 一部項目 準備中
 -一般電車 
    南海1000系
 //   [[&attachref(./咲花線南海1000_0.PNG,,85%);>??]]
 
    南海8300系
 //   [[&attachref();>??]]
 //
 //    ここ最近導入の開始された咲花線のニューフェイス。現在は咲花線の普通列車のみに充当されている。
 //    咲花線の混雑緩和を目的に咲花駅〜桜ヶ丘駅間の立体高架複々線化事業の開始と同時に運用を開始。
 //    混雑緩和を目的にしたとあってか関東地方で主に導入がされていた6ドア車両も連結されている。
 //
    阪神1000系
 //   [[&attachref();>??]]
 //
    京阪8000形
 //   [[&attachref();>??]]
 //
    JR東日本E231系・E233系
 //			[[&attachref();>??]]
 //
 //    咲花エリアで運行開始された快速列車に充当される列車。主にE231系が咲花線快速に、
 //    E233系が朝陽快速に充当されている。
 //    10両編成で運行されており2階建ての普通グリーン車も連結されている。
 //    朝ラッシュ帯にはビジネス客が多く利用されているが、日中時間帯の朝陽快速などでは、
 //    実質空気を運んでいる状態となっている。
 //    
 //    
 -特急列車
 //     
    特急さきはな号
    JR東日本 E653系(しらゆき編成)
 //   [[&attachref();>]]
     &attachref(./さきはな紹介用2.png);
 //   
 //   咲花支社初の特急列車。咲花市からのお布施をいただいた関係で運行が開始された闇の深い列車。
 //   とはいえ、運行開始後におおばこ温泉まで運行区間延長もあったぐらい収益性の高めの列車。
 //   ぶっちゃけ咲花支社的にはウハウハである。まさにWIN & WINな列車である。
 //   
    特急しおさぎ号
    JR西日本 287系 (くろしお編成)
 //   [[&attachref();>??]]
     &attachref(./しおさぎ紹介用1.png);
 //   
 //   朝陽連合の結成ととも運行開始された特急列車。基本的に9両編成で運行される。
 //   日中は咲花駅や桜ヶ丘駅が始発駅となる列車だが朝・夕ラッシュ時間帯などは楓ヶ崎駅始発となる。
 //   1日1往復だけおおばこ温泉へ直通する列車があるがその列車のみ、楓ヶ崎駅で分割・併合を実施し、
 //   6両編成として朝霧線へ直通する。
 //   
 //   
    臨時特急スーパーきさらぎ南越オーシャンバード号
    JR西日本 681系・683系 (サンダーバード・はくたか編成)
 //   [[&attachref();>??]]
 //   
    寝台特急サンライトエクスプレス号
    オリジナル車両(テクスチャ:たこちゅう様制作)
 //   [[&attachref();>??]]   
 //
 //   朝陽連合結成とともに運行開始された臨時寝台特急列車。
 //   上り磯川行列車は16時半ごろに咲花駅を出発し、朝陽・晴海・嵩松・成瀬・船沼・前崎を経由し、
 //   翌日の午前中にみやてつ磯川駅へ滑り込む。
 //   詳細は専用項を作成予定
 //   
 //-貨物 JRE スーパーレールカーゴ(運行休止中)
 *子会社・名所一覧 [#i56627a9]
 準備中
 **運行関連の指令所・留置場・車両センター [#bf34dd9a]
 
  ・運輸指令・・・咲花指令(支社ビル併設)
  ・車両基地・・・桜ヶ丘車両センター
          船屋橋総合車両センター
          朝陽車両センター(関急電鉄と共同保有)
  ・留置線等・・・楓ヶ崎電留線
          薺ノ守電留線
          北浜電車区
          
 
 **信号システムに関して [#mc6b1f33]
 咲花支社では基幹路線以外の路線でATSを導入しています。
 ちなみにATS-PはJR東日本で使用されているATS-Pをニコ鉄咲花支社向けに改造しているため
 ATS-Psの小文字の「s」は咲花を表している。
 また、留意する点で基幹路線であるは咲花線、陽咲線では次世代型無線式信号システム「CBTC」を使用している点である。
  〜CBTCとは?〜
  次世代の信号システムとして世界各地で導入が進んでいる無線式の信号システム。
  JR東日本が開発を進めているATACS(アタックス)と同系のもの。
  この信号システムを導入することにより旧来の信号装置の保守点検などがなくなるほか、
  都市部などでは前列車との間隔を今まで以上に詰められ、
  朝ラッシュ混雑の緩和も期待されている。
  また、CBTCには列車の進行方向を決めないため、
  緊急時には単線並列での運行に変更することが可能になる
 |路線名|区間|使用信号システム|h
 |咲花本線|楓ヶ崎〜(咲花経由)〜北浜海岸|CBTC|
 |陽咲線|朝陽〜(桔梗平経由)〜船屋橋|CBTC|
 |咲花支線(電源線)|北須磨〜発電所前|汎用ATS-SN|
 |朝霧線|楓ヶ崎〜(朝霧経由)〜薺守[ナズナノモリ]〜おおばこ温泉|ATS-Ps|
 //
 //|東咲花線(仮称)|桔梗平〜月見台|ATS-Ps|
 //名称など未定のため仮掲載
 
 **関連会社 [#z86529d6]
 :咲花急行電鉄|咲花エリアの私鉄。ほぼすべての区間においてニコ鉄と並行していて競争はかなり熾烈なものに。
 :咲花高速アクセス鉄道|さきはな陽咲ラインの第3種鉄道事業者。
 :WAONグループ|咲花エリアで小売業の店舗を展開しているグループ会社。WAONモールなど様々な店舗を展開中。
 (画像は関急日生支社の帝國氏より ご協力ありがとうございます)
 &attachref(./わんわんお!!-20150224_223310[1].jpg,,50%);
 :咲花信用金庫|咲花エリア初の銀行。しんきんゼロネットサービスを導入し、全国の信用金庫のカードも対応している。
 :さきはなBayFM|咲花エリアのFMラジオ局、交通情報がやたらと豊富なニュースが有名。
 高速道路や鉄道情報だけでなく航路関連や近隣エリアの航空情報も提供している。
 :[[咲花港>咲花支社/咲花港]]|咲花地区とその他のエリアを結ぶ唯一の接続ポイント。
 一日数便だけだが飛行艇がやってきたりなど面白い港である。最近、また就航先が増えたとかなんとか
 :咲花汽船|
 :[[Wolf works>咲花支社/wolf works]]|
 [[&attachref(./WolfWorksLOGO.png,,60%);>咲花支社/wolf works]]
 咲花支社管内にあるデザイン会社。路線図をメインに作成しているらしい。気まぐれ屋。
 **名所 [#nd16742e]
 
 **地区・地域 [#m596a41f]
 準備中
 
 *何かありましたらこちらまでお願いいたします。 [#ece10a16]
 - もう6月終わりますけど動画マダーですか? --  &new{2017-06-28 (水) 00:52:43};
 - 八月に動画上げるらしいけどほんとにできるの? --  &new{2017-07-29 (土) 15:32:23};
 - 1年ぶりに動画を投稿いたしました。どうぞご覧ください。 -- [[支社長うるふ]] &new{2017-09-02 (土) 18:40:44};
 
 #comment