HTML convert time to 0.024 sec.


美女と野獣と都市開発/登場人物

Last-modified: 2017-04-02 (日) 20:49:58

目次 Edit

シリーズオリジナル登場人物 Edit

一京支社サイド Edit

  • 支社長をのぞき、すべて『ご注文はうさぎですか?』の登場人物で構成されている。
    • 現在TVアニメ第1期・2期のBD・DVDが絶賛発売中なので、各キャラクターについてより深く理解したい方は是非視聴することをおすすめします。
    • メイン五人の中に一名中学生がいるが、労働基準監督署の許可は受けているものとする*1
  • 現在のところ、支社長以外の役職は不明である。
    • 単に決めていないだけだったりする。
  • 原作と異なり、シリーズ内ではしばしば男性陣(他社のうp主)に好意を持たれているが、これはシリーズ独自の設定ではなく他の動画との兼ね合いによるものである。

ココア/保登心愛【ほとここあ】 Edit

cocoawiki.jpg

支社設立時のメンバーその1。
行動力はあるのだが、いかんせん原作同様基本的にはアホの子・ドジっ子でボケ担当キャラであり、#1にして早速骨董品である103系30編成も購入してしまった。
その一方で経営に関しては鋭い目線を持つことも多い。
意外にも理系少女であり、数学や物理は得意らしい。その能力は#6にて遺憾なく発揮されたようだ。
そのコミュ力の高さからか同性異性を問わずモテるようであり、#10では大橋電鉄の東条武蔵から告白されたことを嬉しそうに語っている。


チノ/香風智乃【かふうちの】 Edit

chinowiki.jpg

支社設立時のメンバーその2。
羽音地区等の難民の間では知らない者はいないほど有名な喫茶店「ラビットハウス」の看板娘であり、その経歴が買われヘッドハンティングされた。
あまり感情を表に出さず、クールな印象を与える。
ヘマをやらかしたココアに口を出すことも多いが、それは慕情の裏返し......なのかもしれない。
SHINE AIRLINESのメンバーでもある。


リゼ/天々座理世【てでざりぜ】 Edit

rizewiki.jpg

支社設立時のメンバーその3。
軍人の娘であり、言動がやや男勝りである。また射撃や護身術も心得ており、一京支社の中で両津勘吉と(物理的に)渡り合える可能性のある唯一の人材である。
今後強硬な交渉を行う機会があれば非常に力になるだろう。そんなシーンがあるかは別にして。
実は乙女らしい部分もあり、普通の女の子としてのかわいさに憧れている。だがそこがいい


千夜/宇治松千夜【うじまつちや】 Edit

chiyawiki.jpg

支社設立時のメンバーその4。
こちらもまた有名な甘味処「甘兎庵」の娘。落ち着いた雰囲気の和服が似合う女の子。
ココアとは波長が合うのか、本作中でもボケに回ることが多い。
厨二病患者なのか、原作では自作の和菓子にユニークな名前を付けないと気が済まなかった。今後特急列車などを新設の際、彼女のネーミングセンスが試されるだろう。
#9にて、ビリコンプ爆殺未遂事件に関与していることが明示された。


シャロ/桐間紗路【きりましゃろ】 Edit

sharowiki.jpg

支社設立時のメンバーその5。
高校に特待生として学費免除で通うほどの成績優秀者で、4人からの信頼も厚い。
一京支社に採用され金銭的な余裕は生まれたはずなのだが、貧乏性は抜けないらしい。
コーヒーを飲むとカフェインのせいか酔っ払ったように性格が変わり、ハイテンションになってしまう。そのせいで#3でココアに代わり車両調達を頼まれた際、これまた国鉄車の201系を持ってきてしまった。
ビリコンプからは好意を持たれているが、当のシャロ本人は彼のことが苦手な様子。


ティッピー【てぃっぴー】 Edit

tippywiki.jpg

#3にて登場。
交渉担当......らしい。普段はチノの頭の上にいる。
原作ではティッピーの声は、チノとチノ父以外にはチノの腹話術だと解釈されている。何故か三角定規はティッピーの言葉だと理解できたのだが、三角定規は三角定規であって人間じゃないからしかたないね。

SHINE AIRLINESメンバー Edit

  • #7で登場。チマメ隊の3人が幹部である。

チノ/香風智乃 Edit

上の記事を参照。

マヤ/条河麻耶【じょうがまや】 Edit

mayawiki.jpg

#7にてメグと同時に登場。チノの友達であり、SHINE AIRLINESはチノに頼まれて引き受けた。
原作同様さっぱりとした性格であり、例え年上であってもタメ口で話しかける。
テレビで見て真似しただけのCQCを両津に披露したことがきっかけで、両津とはごちうさメンバーの中で唯一仲がよい。そのため今後重要な立ち位置になりそうだ。


メグ/奈津恵【なつめぐみ】 Edit

meguwiki.jpg

#7にてマヤと同時に登場。マヤ同様チノの友達であり、SHINE AIRLINESに入った経緯も同じ。
こちらはおっとりとした性格であり、やや天然な部分もある。
一京支社の幹部でもあるために両津とは対立しているチノと、持ち前の人懐っこさから両津と気が合うマヤに対して、傍観者的な位置にいるようだ。


京道電鉄サイド Edit

  • 今のところ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の登場人物のみ出演している。
    • 今後も増える可能性がある。

両津/両津勘吉【りょうつかんきち】 Edit

ryotsuwiki.jpg

京道電鉄社長で、会社設立時(#3)から登場。
類まれなる発想力と行動力で、常に一京支社のメンバーを震え上がらせている。しかし、大抵の場合は最終的に何らかのオチがつくため、勝利者になるのは難しいようである。
車両やダイヤについては意外と常識派で、電鉄自体のサービスも悪くないため、利用客からは悪いイメージはもたれていないという。


本田/本田速人【ほんだはやと】 Edit

hondawiki.jpg

京道電鉄の社員。両津に連れてこられたのか#3で両津と同時に登場。
基本的には両津に振り回される立場であり、また一般人としての視聴者目線での指摘役でもある。
バイクに乗ると人格が変わるのは有名な話であるが、動画のテーマ的にバイクが出るかは不明なところ。


左近寺/左近寺竜之介【さこんじたつのすけ】 Edit

sakonjiwiki.jpg

京道電鉄の社員で、#6にて登場。
あらゆる格闘技に優れた人物で体育会系であるが、その一方で無類のギャルゲー好きである。
ニコ鉄メンバーに惚れるのも時間の問題かもしれない。


ボルボ/ボルボ西郷【ぼるぼさいごう】 Edit

borubowiki.jpg

初登場は#7
元傭兵で、全身にあらゆる武器を所持している。両津・左近寺とは体育系繋がりで仲が良い。
その出自から軍事関連に造詣があり、#7では救難飛行艇のUS-2を旅客用に使用していることにツッコミを加えているが、軍事ネタがそこまで多く出る動画ではないので登場頻度は高くない。


その他の登場人物 Edit

  • 俳優もどきから動画投稿主までさまざまである。

羽音地区出身の人物(一京県交通局サイド) Edit

忍/大宮忍【おおみやしのぶ】 Edit

アリス/アリス・カータレット【ありす・かーたれっと】 Edit

綾/小路綾【こみちあや】 Edit

陽子/猪熊陽子【いのくまようこ】 Edit

カレン/九条カレン【くじょうかれん】 Edit

ニコ鉄関係者 Edit

あまどく【あまどく】 Edit

13217831.jpg

一京支社の支社長。羽音支社および床牧支社の支社長も兼任している。
動画では裏方に徹しており表に出てくることはあまりないが、これは「五人の世界観を壊したくないため」らしい。もっとも、両津勘吉率いるライバル会社が出現した時点で世界観は既にぶち壊されている。
ただし、考えが変わったのか#10を皮切りに最近では動画上でも姿を見せるようになってきているようだ。
#12でニコニコ鉄道第3代社長に昇進し、より権力が強まったとされるが、実態は不明。


ビリコンプ【びりこんぷ】 Edit

biricompwiki.jpg

司波鉄道の社長。ニコニコ鉄道の綾音支社長でもある。#6のココアの夢の中で登場。その後#9、#12で再登場。愛称は「昆布」。
このように直接シリーズに関係する人物ではないのに複数回登場しているのは、弄りやすいネタとして扱いやすいからだとか。
何故か東萌花姉駅に強いこだわりを持っており、通過されると発狂する。
シャロのことを誰よりも慕っているらしい。が、心配することはない。彼の思いが報われることは絶対にない。というか、報わせない

#12より本人を示すアイコンがココアに変わっているが、これは綾音支社のストーリー展開に基づくものである。通称「ビリココア」。


結月ゆかり(言問支社)【ゆづきゆかり】 Edit

yukariwiki.png

言わずと知れた言問支社のイメージリーダー。通称ゆかり同志
他のニコ鉄関係者と違い肩書きで呼ばれることがないのは、支社の誰も把握していないからだとか。
本編では#9の北京橋エリア結成時に初登場し、#14で再び登場。表面的な姿勢なのかは知らないが一京ではあまり黒さを見せていない。
あまどくからはまな板と呼ばれてることがあるらしいが、公然の秘密だとのこと。#14では京道対策の遅さで彼を罵倒したが、仲自体は悪くないらしい。
詳細は結月ゆかり(言問支社)の記事を見てもらったほうが早い。

ちなみに、床牧支社の結月ゆかりはまた別人であるので注意。


結月ゆかり(横瀬支社)【ゆづきゆかり】 Edit

003_笑顔1_開き口.png

ゆかりさんはゆかりさんでもこちらは横瀬の方。

#14で登場し、社長あまどくに5000兆円を冗談のつもりで要求したものの受理されてしまった。
この一件を言問のゆかりに追及され、社長職をクビにされかけるものの、すんでのところで回避したとか。

見た目はほぼ同じであるが、床牧支社の結月ゆかりとは当然別人である。


弦巻マキ(言問支社)【つるまきまき】 Edit

makiwiki.png

#14で登場。
言問支社と同様、ゆかりに釘を刺すことが多い。
ニコ鉄においては実はゆかりよりも先に登場しており、実質的にゆかりよりも先輩格なのではないかとも言われているが、明らかではない。


東条武蔵【とうじょうむさし】 Edit

musashiwiki.jpg

大橋電鉄の社長で、北京橋エリア結成に伴い、ゆかりと同じく#9で初登場。
ココアを見るなり一目惚れしたようで、イキ告をするという暴挙に出たが、あっさり振られたとか。だいたいそんな展開を一京支社長が許容するわけない

#10ではそれを受けてブチ切れたあまどくに(九龍会の手を通して)射殺される......と思いきや生存していたようだ。

#13ではあまどくと共にきんいろモザイク Pretty Daysを見て絶叫するなど、完全に行動が限界オタクのそれと化している。

#15ではホノキチカーに拉致られる。
ある意味当シリーズ一番の被害者。


三角定規(斜め45℃)【さんかくじょうぎ】 Edit

jogiwiki.jpg

ニコ鉄の3代目会長。初登場は#12だが、名前だけなら実は#3の時点で出ていたりする。
会長ということで強大な実権を握っているはずなのだが、その割には扱いが雑である気がしなくもない。


L9【えるきゅー】 Edit

L9wiki.png

買収ネタで一世を風靡した富坂急行電鉄の社長。#12で登場。
ニコ鉄デビュー時期が近いこと(wikiでは隣り合っている)、およびSLG地域の関係から、あまどくとは比較的付き合いが長いようだ。
余談だがニコ鉄どうでしょうのメンバーでもある。


ホノキチ(U233)【ほのきち】 Edit

32877-LoveLive-KousakaHonoka-Android.jpg

穂乃果鉄道の会長。#15で登場。
現実でもそうなのだが、伝家の宝刀「ホノキチカー」を用いてよくニコ鉄関係の人間を拉致してはどこかへ連れて行くとか。
なお運転技術はお察しであり、同乗した者は皆顔面ブルーレイディスクになるとのこと。
東条武蔵曰く「た゛す゛け゛て゛ーーー」


それ以外 Edit

モカ/保登モカ【ほともか】 Edit

mochawiki.jpg

ココアの実姉で、#5にて登場。
妹思いの優しい性格で、妹同様社交的である。家族構成のせいか年下を可愛がるのが好きだったりする。
動画内では「自分の名前が付いた駅が作られる」ということを聞いただけで一京に駆けつけ、そのまま現地指導を行った。頼れる姉オーラは本作でも健在のようだ。


住民/太泉洋(仮称)【おおいずみよう】 Edit

oizumiwiki.jpg

一京県のどこかに住んでいる一般人。#5で初登場。
俳優の大泉洋とは似て非なるものであり、混同してはいけない(戒め)
非常に騙されやすい人物であり、藤村Dのような人物からは「鈴虫並の脳ミソ」と罵られている。


中川/中川圭一【なかがわけいいち】 Edit

nakagawawiki.jpg

巨大財閥「中川グループ」の御曹司で、#6で登場。
両津から中川建設にある施設の建築を頼まれるが、あまりに無理な構造だったので断った。
しかし両津はやる気満々でその後中川建設に直接赴いてしまう。
そして#7にてその施設は完成してしまった。







*1 原作では、チノはラビットハウスの事業主であるタカヒロの娘であり、雇用契約は結んでいないため労働基準法違反にはあたらない。