Top > 鶴屋旅客鉄道会社 > 弘鶴地区
HTML convert time to 0.025 sec.


鶴屋旅客鉄道会社/弘鶴地区

Last-modified: 2011-03-17 (木) 10:40:24

弘鶴地区 Edit

本社詳細 Edit

社名
鶴屋旅客鉄道会社
略称
TR
資本金
800億円
売上高
鉄道事業:1兆4266億8858万円
総売上:7兆6200億0007万円
利益:3065億8827万円(2059年12月期)
代表者
社長待兼泉
業種
陸運業
事業内容
鉄道による運送事業、不動産業、その他
所在地
〒765-2527 XX県弘南市弘南区涼宮1丁目1 涼宮駅内駅長室
営業キロ
鉄道 171.3km程度

サテライト(2063年1月現在) Edit

鶴屋サテライト28.png

市内路線図(2063年1月現在) Edit

鶴屋路線図28.PNG

市内路線名一覧 Edit

※1:綾崎駅から特急・一部普通はニコニコ旅客鉄道に直通運転

廃止線 Edit

空港線(旧)

市内使用車両 Edit

市内子会社一覧 Edit

  • 団地
    • 鶴屋朝倉台団地
    • 鶴屋光陽園団地
    • 鶴屋成実道団地
  • デパート
  • 研究所
    • くるる木研究所
    • 瓜畑研究所
  • 鶴屋シネマライズ
    • 涼宮駅前店
    • 八坂泉駅前店
  • 黒井園(野球場)
  • 春絹新聞社
  • 他にも、他企業向け貸店舗・貸ビルなど複数所有

市内名所一覧 Edit

  • 尚隆空港
  • 商店街
    • 涼宮商店街
    • 花道商店街(最寄駅:南成実桜木駅)
    • 橘商店街(最寄駅:綾崎駅・西沢駅)
    • 桂園寺商店街
    • 日和商店街(最寄駅:星野田村駅)
  • 朱雀工業大学(最寄駅:綿貫坂駅)
  • 桜咲大学(最寄駅:松見台駅)
  • ひまわり遊園地(最寄駅:九軒駅)

弘鶴地区時代の歴史 Edit

  • 第1回(2005年)鶴屋旅客鉄道会社設立。
  • 第4回(2008年-2012年)赤字が5000億円以上に膨らむが、何とか黒字復帰。
  • 第6回(2014年)TR東西線、延伸開始。
  • 第10回(2020年)赤楽環状線、延伸開始。
  • 第11回(2021年-2024年)赤字が1兆5000億近くにまで膨らむが、何とか黒字復帰。TR東西線全線開業。
  • 第12回(2026年)新幹線開通。
  • 第14回(2030年)赤楽環状線全線開業。
  • 第15回(2031年)日和路線、延伸開始。
  • 第16回(2033年2月)空港線開通。尚隆空港建設。
  • 第17回(2033年6月)ニコニコ旅客鉄道との直通運転開始。空港線廃止。
  • 第18回(2034年)摂山線、延伸開始。
  • 第20回(2036年)千日手線、延伸開始。
  • 第21回(2038年)摂山線全線開業。行政指導を受け、すぐにTR東西線綾崎駅以東を除く旅客線全線を立体交差化する。
  • 第23回(2040年)鶴屋線全線開業。
  • 第24回(2041年)千日手線全線開業。
  • 第26回(2043年)日和路線全線開業。貨物機能集約に伴い、市内の踏切が全廃される。
  • 第27回(2060年)この地区での開発を一旦休止する。
  • 第27.2回(2062年)ニコ海動新幹線、涼宮駅まで延伸。大川〜初音間のアクセスが一気に強化された。
  • OVA1(2063年)大規模な路線変更が行われる。