Top > 鶴屋旅客鉄道会社
HTML convert time to 0.008 sec.


鶴屋旅客鉄道会社

Last-modified: 2012-01-31 (火) 18:49:59
鶴屋旅客鉄道会社
本社松波柏浜四北北岸八陽島落会

企業情報 Edit

タイトルうp主開発都市名(使用マップ名)マイリストニコ証最初回最新回
A列車で行こう7-
鶴屋旅客鉄道会社奮闘記
待兼泉弘鶴地区
(田園風景を持つ臨海都市)
27.2回
開発終了
A列車で行こう7-
鶴屋電車松波地区奮闘記
松波地区
(川と盆地が織り成す街・オリジナル)
20回
開発終了
A列車で行こう8-
鶴屋電車柏浜地区奮闘記
柏浜地区
(空を目指せど道はまだ遠し・オリジナル)
17回
開発終了
【A7】四北地区開発記四北地区
(農村と都市の境界・オリジナル)
15回
開発終了
A列車で行こう8-
鶴屋電車北岸地区奮闘記
北岸地区
(諸君、私は水泳が好きだ・オリジナル)
11回
開発休止中
A列車で行こう8-
鶴屋電車八陽島奮闘記
八陽島
(隠れ島へようこそ・オリジナル)
30回
開発終了
A列車で行こう9-
鶴屋電車落会地区奮闘記
落会地区
(チェレンコフの光・オリジナル)
現在開発中

企業概要 Edit

  • ニコニコ鉄道に刺激を受けて、弘鶴地区(当時は鶴屋地区)に設立されたライバル会社。
    現在は7支社を有しており、ニコ鉄・新風鉄道に次ぐ大手私鉄として見られているが、
    本人にはあまり自覚がない。ただ、新風鉄道よりは規模を大きくしたいという野望はあるようだ。
    武力衝突を行わないことから、「穏健派ライバル会社」と定義されているが、
    あくまで武力衝突を行わないだけで、ニコ鉄は「敵」とみなしている。
    そのため、一部地域ではニコ鉄(系会社)と熾烈な競合を行い、
    より住民にとって利便性の高いサービスを提供できるように努めている。
    また、非上場企業であるため、配当の支払いは最小限に抑えられる。
    その分も運賃の値下げで利用者に還元しており、住民からの評価は今となっては高い。
    ただ、立体交差化前の弘鶴地区においては、何万人もの住民を「行方不明」にしており、
    その影響もあってか、自治体からはあまり好かれていないのも事実である。
    事実、ニコ鉄・鶴鉄の両方が存在する自治体では、ニコ鉄に明らかな優遇策がとられている。

関連会社一覧 Edit