Top > 中道空港
HTML convert time to 0.033 sec.


中道空港

Last-modified: 2016-03-31 (木) 23:46:13

中道空港とは Edit

中道空港wiki用.jpg

  • 高崎区南西沖にある空港である。
  • 人口約72万の本局だけでなく、隣接する叢雲・大津・北大津等のエリアから飛行機を利用する場合も基本的に本空港に集約されているため、利用者と需要は思いの外多い。
  • よって、都市規模と使用機材が乖離するとアレルギー反応を起こす支社長各位はこれら背景要素を考慮されることをおすすめする。
  • 海上空港でありながら、市街地からはさほど離れておらず住宅地と近すぎるため、3発機の発着制限が存在する。(機体サイズによる離着陸制限は無し)
    現在の枠数は当ページ掲載分で10本の離着陸が存在する。
  • 滑走路は3340m滑走路04/22が1本と1500m滑走路02/20の計2本である。現代空母のアングルドデッキと同じ配置となっている。基本的に1本の滑走路で捌けるうえにB滑走路02/20は極端に短いため通常使用せずA滑走路04/22のみが使用されるが、有事の際にF-35等の軍用機を飛ばすことを想定してもう1本の滑走路も維持している。
  • B滑走路を貨物用の倉庫と中道空港駅の拡張スペースとして転用する計画が浮上している。
    →Nicotetsu Allianceの本部を置いたどさくさ紛れに無事B滑走路は撤去された模様。

基本概要 Edit

正式名称中道空港
英略MIDWAY
空港種別商業
IATAコードMIW
ICAOコードNKMT
滑走路3000m×80m
1500m×60m
取扱い旅客・貨物
空港所在地言問市高崎区

中道空港を本拠とする会社 Edit

ソリッドエア Edit

ソリッドエア
IATA
YZ
ICAO
SOD
コールサイン
Stable party
solidair.jpg
ハブ空港中道空港
所属アライアンスNicotetsu
Alliance
所属会社言問支社

空港情報 Edit

  • 第32話でその存在が明らかになったNicotetsu Allianceの本拠地はここ。対岸のゲートタワービルを占拠した。
  • 元はヘリポートだった。滑走路上に無数のヘリポートが設置されており、ヘリ空母と呼ばれていた。
  • 海上空港の特徴を備えるが、海上空港にもかかわらず周囲の市街地に高層ビルが林立するため、着陸に独特のアプローチを要するパイロット泣かせの空港として知られる。

就航先一覧 Edit

就航先の
支社会社
担当会社就航区間運行本数使用機材備考
双海新都市鉄道ソリッドエア中道空港-とかち双海空港6/dA330neo
ZR道ノ宮支社エアークイーンネットワーク中道空港-博麗茨木空港7/dA350-900AQN担当便のため、護衛戦闘機がつきます
ニコ鉄×NDFソリッドエア中道空港-加賀国際空港4/dB777
詩夢雲龍空港ソリッドエア中道空港-詩夢雲龍空港4/dB787-10
司波鉄道七浦航空中道空港-七草空港6/wB777-300
鈴熊空港ソリッドエア中道空港-鈴熊空港8/dA350-900
臨海国際空港ソリッドエア中道空港-臨海国際空港6/dB787-10
南陽常盤浜空港ソリッドエア中道空港-南陽常盤浜空港6/dB787-10
関洋国際空港ソリッドエア中道空港-関洋国際空港6/dB787-10
武内空港ソリッドエア中道空港-武内空港5/dA330neo
霧雨空港ソリッドエア中道空港-霧雨空港6/wB747-8
サクラフトソリッドエア中道空港-サクラフト空港10/dA350-900
青龍支社ソリッドエア中道空港-孫悟空空港2/dA320-200瑞加賀エアウェイズとのコードシェア便
三咲支社ソリッドエア中道空港-三咲空港12/dA380-800潮騒エアシステムとの共同運航便
菜宮支社ソリッドエア中道空港-菜宮空港6/wA320-200
慶陽急行電鉄ソリッドエア中道空港-風浦空港5/dA320neo
熊谷支社ソリッドエア中道空港-熊谷駅16/dA380
熊谷支社ソリッドエア中道空港-熊谷駅16/dAn-225積み荷は三角定規と戦車と時々鉄道車両

元ネタ Edit