Top > 生桜支社 > 空姫
HTML convert time to 0.030 sec.


生桜支社/空姫

Last-modified: 2016-10-12 (水) 22:49:30

エアークイーンネットワーク株式会社 Edit

エアークイーンネットワーク
IATA
AQ
ICAO
AQN
コールサイン
Akyu
aqn.jpg
ハブ空港博麗茨木空港
所属アライアンスイーストスカイ
所属会社東方旅客鉄道株式会社
  • 種類 株式会社
  • 市場情報 親会社と関連企業が全株式を保有
  • 略称 空姫
  • 本社所在地 有明市中央区西3−5 
  • 業種 運輸業
  • 事業内容 航空輸送業
  • 親会社 東方旅客鉄道鉄道生桜支社

概要 Edit

「お姫様気分をあなたにも」をモットーに経営
エコノミークラスでも、他社のビジネスクラス並みのおもてなしをしてくれる
その分若干割高だが乗る価値はあるとして、リピーターが多い

  • 生桜航空防衛隊 (Kizakura Air Defense Forces) 
    親会社の生桜支社が、AQN設立時に組織した
    主な活動内容は、航空機の護衛と空域の安全確保である
    所有機体はF−22×4とF−2×8の計12機
    今後の計画では、航空管制機の配備が予定されている
    • アキューグリーズ(御阿礼の乙女)
      KADF内のエース編隊の別名
      はじめは4番機(一番下っ端)だった隊員が隊長になった編隊
      元々この隊員達は他の地で任務を行っていたのだが、生桜支社長がスカウトし、この地に招いいた
      そのために、彼らの戦歴の多くは語られないが、巨大潜水艦や、機動衛星の破壊なども行った凄腕隊員達である(元ネタ:エスコン5)

ロゴ Edit

  1. 正式社章
    AQNロゴ.png

広嶋(博麗茨木)空港発着路線 Edit

博麗茨木 〜 とかち双海空港(双海丘陵地区)
博麗茨木 〜 詩夢雲龍空港(最果手地区)
博麗茨木 〜 熊野空港(若宮地区)
博麗茨木 〜 三条空港(三条地区)
博麗茨木 〜 中道空港(言問地区)
博麗茨木 〜 天津国際空港(重金地区)
博麗茨木 〜 慧星鉄道神城支社/神城国際空港(神城州)
博麗茨木 〜 悠良木空港(悠良木地区)
博麗茨木 〜 鈴熊(シャーロット乙坂)空港(鈴熊艦営鉄道)

とかち双海空港発着路線 Edit

とかち双海空港 〜 霧雨空港(霧雨地区)
とかち双海空港 〜 葉束空港(葉束地区)
とかち双海空港 〜 日張空港(日張地区) 
とかち双海空港 〜 柏浜空港(鶴鉄柏浜地区) 
とかち双海空港 〜 阿波LED国際空港(美味地区) 

生桜発着就航路線(現在は全路線廃止) Edit

生桜TB 〜 霧雨空港(霧雨地区) 
生桜TB 〜 詩夢雲龍空港(最果手地区)   
生桜TB 〜 徳島国際空港(徳島地区)
生桜TB 〜 姫嫁空港(姫嫁地区)
生桜TB 〜 日張空港(日張地区) 

所属アライアンス Edit

EASTSKY(イーストスカイ)

Kaei Sky Zippy 小鈴空輸 Edit

小鈴空輸
IATA
SZ
ICAO
KSZ
コールサイン
N/A
ksz.jpg
ハブ空港-
所属アライアンス-
所属会社東方旅客鉄道株式会社
  • 種類 株式会社
  • 市場情報 エアークイーンネットワークが全株式を保有
  • 本社所在地 花映岬---
  • 業種 運輸業
  • 事業内容 航空輸送業
  • 親会社 エアークイーンネットワーク 東方旅客鉄道鉄道本社

親会社のAQNとは別の方面の乗客を獲得するべく発足した会社である

AQNが高級路線で着々と業績を伸ばしていく中、高すぎる運賃により、乗客の獲得機会を失っている場面も多いのが実情であった
その多くの乗客は、移動するために航空機
主に、AQNの路線を使いたいのだが、その高すぎる運賃設定のせいで乗れず、別ルートでの移動をやむおえず行っていたのだ
そのため、価格の見直しが必要となったが

・座席が他の多くの航空会社のビジネスクラス相当の座席をエコノミークラスとして設定
・護衛機随伴による、あらゆる空域の飛行を可能にしているかわりに随伴に伴うコスト
・客室サービスの圧倒的質と量の維持

これらを削る事によるアイデンティティの喪失はあってはならないため、大幅な改善を出来ずにいた
これでも定期的に利用している乗客は多く、業績に影響が出る程ではなかった

しかし、LCC系航空会社が増える昨今、定期利用者に甘んじているわけには行かず、何かしらの改善策を取る必要があるとした
だが、先のように大幅な改善はAQNとしての存続意義が失われてしまうため、他の方法を取る必要があった
その方法が、子会社として別会社を設立することによってAQNがカバーできない範囲をカバーさせることにしたのである

実質AQNのLCC部門と考えてもらって差し支えない

削れるところを削り、できることはやる
随伴機を取りやめ、座席も他のLCC航空会社と同等にすることで親会社の価格の三分の一にすることに成功

親会社のAQNにて教育を受けたキャビンアテンダントが機内で対応するため、接客対応はAQNそのもの
多少機内の内装や座席の質、無料サービスの物に差異はあるが十分空の旅を満喫できる

AQNでは全席で提供されている機内専用タブレットを申告者に貸し出すサービスを行っており、そのタブレットでAQNでは使える一部サービスが停止されているが、機内Wi-Fiを通じた電子書籍閲覧サービスやインターネットの閲覧が可能になっている