Top > 神領支社 > 地下鉄南北線
HTML convert time to 0.011 sec.


神領支社/地下鉄南北線

Last-modified: 2010-10-03 (日) 02:06:45

概要 Edit

  • 路線距離(営業キロ):??km
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:6駅(起終点駅を含む/光坂駅はニコ鉄が管理)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 閉塞方式 
    • ATO(ワンマン運転)
  • 最高速度:80km/h
  • 運営主体:常盤市交通局

概要 Edit

常盤市を南北に貫くマップ唯一の地下鉄路線。運営主体は常盤市となっており所謂公営の地下鉄だが、建設その他に当時周囲を開発していたニコ鉄が関わったことでニコ鉄神領支社との結び付きが強い。神領地区では唯一の地下鉄となっていることもあり、単に「地下鉄」と言えばこの南北線を指す。
市内の交通の充実化はもちろんのこと、新常盤での新幹線連絡や神領海岸を経由した神根島への観光輸送、更には四位堂での乗換が不便な十羽野線沿線地域から常盤台への足となっている。

特に動画内では「四位堂での乗換解消」が主目的となっている感がある。このため、地下鉄常盤台と十羽野線の十羽野〜白皇間からの各駅との間では特定運賃を設定しており、四位堂で乗り換えるのと同程度の運賃で常盤台に向かうことができる。

神領地区では初めて20m級4ドアの車両を採用した。十羽野線で普段運用される車両とは長さが違うため、この路線専用の車両が投入された。

駅・停車駅 Edit

駅名普通接続路線
光坂駅?(Hikarizaka) 十羽野線
あさひが丘駅?(Asahigaoka)
常盤台駅(Tokiwadai)中央線学園都市線
五行駅?(Gogyo)
新常盤駅?(Shin-tokiwa)■新幹線
神領海岸駅?(Jinryo-kaigan)ゴッドライナー

※光坂から先、ニコ鉄十羽野線 十羽野まで直通運転

運行種別 Edit

普通 Edit

  • 使用車種:東京メトロ10000系(8連/交通局所属)/京王8000系(8連/ニコ鉄所属)

各駅停車のみがラッシュ時間帯は1時間に4本、日中時は1時間に3本設定されている。いずれの時間帯も1時間に1本程度がニコ鉄十羽野線への直通となっている。直通しない光坂折り返しの運用でも光坂駅の同じホームで十羽野線との乗換が可能。
全線通しでの運用のほか常盤台折り返しの設定も数本ある。
線内完結の運用は全て地下鉄所属の車両であるが、直通運転するものに関してはニコ鉄所属の車両も用いられる。速度が大きく違うが、駅での停車時間を調整することで対処している。

地下鉄の車両は海岸車庫に所属。一部は駅留置もある。ニコ鉄の車両は米花町車庫の留置と海岸車庫の間借りでそれぞれ1運用づつとなる。