Top > 出来事・歴史 > 保線人員不足疑惑
HTML convert time to 0.002 sec.


出来事・歴史/保線人員不足疑惑

Last-modified: 2008-05-17 (土) 02:38:38

保線人員不足疑惑 Edit

支社の増加により急速に肥大化していったニコニコ鉄道であったが、その従業員数は表面上足りているように見えた。
しかし報道機関にも隠され続け、社内にも知る人間が数える程しかいないが、軌道敷設を含めた保線要員の練度について看過できない問題が発生しているらしい。
報道等がされない理由としては、ニコニコ鉄道・路線の不信感が発生した場合、その地域の開発速度の鈍化や停滞が予見され、また同社のイメージダウンになるのは必至で、隠蔽はむしろ当然とも言える。
勿論現状を鑑み、子会社の一つであるNDFより保線経験者や熟練工兵を招集し、または各支社間での融通をもって適正な整備を行っている模様である。

そして、将来の為に保線人員の教育・訓練を目的としたNDF傘下の施設科連隊の創設が静かに行われているようである。

関連情報 Edit

『都市開発相談室 上条市開発記 第六回後編』に於いて、この事実が露見する。