Top > 出来事・歴史 > 雛見沢ぜんそく
HTML convert time to 0.003 sec.


出来事・歴史/雛見沢ぜんそく

Last-modified: 2008-01-03 (木) 00:24:05

工業地帯となった雛見沢地区(旧雛見沢村)周辺において発生している公害病。別名、「雛見沢症候群」。
この地区の民間団体の調査によると、工場・コンビナートのみとなったこの地域の大気中における硫黄酸化物・窒素酸化物の含有量が1000ppmを超えることがわかった。
この数値は日本の安全基準を大幅に超えていることが判明した。
ニコ鉄側はこの調査結果に対し、「早急に対応する」とのコメントを発表したが、第09回(2035年12月現在)有効な打開策は打ち出せずにいる。
その後、再開発動画第1回(通算第17回)において、工場群が撤去されたことで公害は収束の方向へ向かいつつある。