Top > 子会社・名所一覧 > モソク道会館
HTML convert time to 0.002 sec.


子会社・名所一覧/モソク道会館

Last-modified: 2008-06-02 (月) 21:56:03

モソク道会館 Edit

  • 種類 株式会社
  • 市場情報 非上場
  • 本社所在地 芝市内藤区空鳴
  • 設立 2041年
  • 業種 サービス業
  • 事業内容 フィットネスクラブ・空手道場・スポーツ興行
  • 代表者 猫モ(代表取締役館長)
  • 主要株主 ニコニコ鉄道株式会社50% 通風40% 猫モ10%

概要 Edit

茂束駅南口一帯に軒を連ねる道場郡を統括した会社。

謎のロードローラーによって更地になってしまった茂束駅南口の一角に、茂束駅駅長である猫モ女史が1本の柱を立てて空手のトレーニングを始めた事がきっかけとなる。
次第に格闘家達が集まり、そのうちの何人かが家を構え、更に道場が建ち・・・いつの間にやら、茂束駅の南口一帯は、道場が軒を連ねる格闘技の街へと変貌していた。

2041年に入ると、道場を構えていた格闘家の1人が多数の道場を統合して会社に纏め上げる案を提示し、各派の同意の下、代表による道場統一戦が行われた。そして、並み居る強敵を抑えて優勝したのは、飛び入りで参加した猫モだった。

優勝はしたものの、その後の会社経営の事まで考えていなかった猫モは、早速詐欺に引っかかりそうになるものの、たまたま遊びに来ていた通風によって(その場で猫モが通風に丸投げしたとも言う)無事に会社として経営軌道に乗せ、現在に至る。

最近は、1匹の妖精が幻想郷から良く道場破りに来ている。
力はおろか、オツムの具合までもがほぼ同等の為に好勝負を繰り広げる。
・・・が、最終的には妖精がルール違反でいつも負けているらしい。

元ネタ Edit