Top > 子会社・名所一覧 > ニコニコ鉄道第一労働組合
HTML convert time to 0.002 sec.


子会社・名所一覧/ニコニコ鉄道第一労働組合

Last-modified: 2007-11-18 (日) 18:09:53

組織 Edit

  • ニコニコ鉄道動力車第一労働協議組合本部(長ったらしい名前だが、これはバス本部との対立を図るための処置であるらしい)
  • ニコニコ鉄道第一労働組合バス本部(現在でも多数派である。)
     -ニコニコ鉄道第一労働組合鉄道支部(少数派。NDF(Nicotetsu Defense Force)友好関係化に反対した一部の人が所属。)

概要 Edit

  • 中央労組とは反対の、ニコ鉄の過剰で強引な開発に強く反対するいわゆる千葉動労のような存在。労組に不利な規則や計画が出されると、すぐにストを起こす。そのため、多数の列車・バスが運休になる。(バス路線<特にニコ鉄バス紅世の路線>と旧紅世線区間が特に多く運休。朝倉線も一部運休。その影響で知衣田線にも影響があったが、鉄道路線については解消している。詳細は後述)

中央労組とはかなりの敵対関係。知衣田線乗り入れ列車の乗務員交代時にもかなり親近感がないことがうかがえたが、現在はフレンドリーである。

  • この行為はバス本部がこの組合組織を牛耳っているからであり、鉄道本部はバス本部に弱みを握られながら運動を行っていた事実が後に発覚している。また、第一労組の乗務員が担当した高速バスがストで運休となったことで共同運行会社からクレームがつき、第一労組の評判をさらに悪くする結果となり、組合員数減少・鉄道本部の分裂へとつながっていく。

鉄道本部の反乱 Edit

このやり方が気に食わない長門地域鉄道部と主とする鉄道本部が反旗を翻し、
中央労組と協調路線もしくは、統合を協議の結果、長門地域鉄道部と主とする鉄道本部は中央労組の一員となった。紅世線の運休、朝倉線の一部運休は解消された。
もちろん、バス本部にとっては痛い一撃であった。これによりバス本部の組合員も自労組への流出が発生し、組合員数が減少を始めた。
一部の専門家は「抑え付けられたバス本部に対する感情の爆発と中央労組との協調路線運動の結果」と結論付けている。

そして最近の動向 Edit

バス本部のみの組織になっているが、それでも気に食わない鉄道本部の一部の残党はこの組織に属している。今後彼らの処分が注目を受けている。
バス本部の組合員も年々減っており、ニコニコ鉄道本体・ニコ鉄バス十勝では少数派となったが、いまだに多数がニコ鉄バス紅世にいるため、同じエリアを競合する長門地域鉄道部といがみあっているという。

労組の分裂、そして現在。 Edit

バス本部の一部の組合員が「鉄道は要らない子」などと発言したために起こった騒動。これにより労組は2つに分裂し、今までのバス本部と、新たにできたニコニコ鉄道動力車第一労働協議組合に分かれた。今のところ、分裂した組合の再建のめどは立っていない。なお、第一動労はNDF(Nicotetsu Defense Force)との関係がよく、対立は今のところない。