HTML convert time to 0.003 sec.


採用車種一覧/M250系

Last-modified: 2010-12-22 (水) 09:22:27

[tip] このページの項目は書きかけです。加筆・訂正して下さる方をお待ちしております。

概要 Edit

M250系は2003年、宅配便などの小口積み合せ貨物輸送と環境負荷低減を目的に製作された、
JR貨物による、世界初の動力分散式を用いたコンテナ貨物電車。愛称はSRC(スーパーレールカーゴ)
(以上wikipediaからの受け売りです。)

ニコ鉄ではSLC(スーパーロアスカーゴ)の愛称で親しまれている。
進行方向で牽引速度の変わらないただ一つの貨物車両。ただし運行経費がかかりすぎるので要注意

運用 Edit

春日野支社 Edit

阪津〜千満貨物ターミナルを結ぶ列車と、
観桜南貨物ターミナルを発着する全ての列車に使用されている。

臨空・奈須・八九寺支社 Edit

スーパーLoasカーゴの車両として、3社にまたがる急行貨物列車を務めている。

姫嫁支社 Edit

7両編成3車両在籍

幻燈支社 Edit

東豊線の貨物として使用。7両編成1編成のみ在籍。

注意 Edit

A9からの情報だが、こいつは相当な大食いらしく序盤から投入すると赤字を食らうことになるので要注意。
自社の経営状況及び残り資金を確認してから導入することをおすすめする。