HTML convert time to 0.007 sec.


採用車種一覧/373系

Last-modified: 2009-05-20 (水) 00:02:53

概要 Edit

 国鉄解体・民営化後、JR東海に継承された165系の置き換えを目的に製造された特急車両。特急列車はもとより、普通列車としても運用可能な汎用性をもつ。
 1M2Tの3両固定編成となっており、それらを組み合わせることで最大9両編成で運行される。主に飯田線特急「伊那路」や、身延線特急「ふじかわ」といったローカル線での運用に就くためグリーン車は併結されておらず、普通列車として東京にも乗り入れるこの列車は、東海道線東京口で唯一のグリーン車非連結列車となっている。(ただし座席にはリクライニングシート、静岡・大垣方先頭車(クハ372形)を除く車端部にセミコンパートメント席を設けるなど、普通列車の設備としてはグリーン車のそれと大差ない・・・・・・はず)。
 かつては東海道線特急「東海」と夜行快速「ムーンライトながら」にも使用されたが、今日までのダイヤ改正による廃止・臨時化で運用を離脱した。

 ニコ鉄においては、如月重工がほぼ同スペックの373系を製造し、来栖支社の鹿縞・来宮線夜行快速「ムーンライトなるせ」としてデビュー。次いで城ヶ湾支社で森熊線準急列車の運用に就くなど、活躍の場が広がっている。

運用・編成 Edit

画像 Edit

373.jpg

ヘッドマークを気にしたら負けである(ぉ。

373セミコンパートメント.JPG

車端部に設けられたセミコンパートメント席。4人掛けの座席に固定式のテーブルがある。