HTML convert time to 0.010 sec.


採用車種一覧/255系

Last-modified: 2011-11-18 (金) 02:37:54

概要 Edit

実際 Edit

1993年(平成5年)7月2日に営業運転を開始したJR東日本の特急形車両。
千葉県房総半島を走行することから「房総特急」と総称される内房線・外房線特急列車「さざなみ」・「わかしお」には、旧・日本国有鉄道時代に製造された183系が使用されていたが、老朽化が進んでいたことからその置き換えを目的に東急車輛製造、近畿車輛で製造された。

都市間輸送と観光客輸送の両面に対応した車両であり、JR東日本が従来設計・製造した特急形車両である651系(スーパーひたち)・251系(スーパービュー踊り子)・253系(成田エクスプレス)の要素を融合した構造となった。

ニコ鉄では Edit

ニコニコ鉄道株式会社では、岩崎支社特急くそみそで初採用された。しかし、導入は1編成に留まり他の運用は485系で賄っていた。
その後、奈須支社対々急行鉄道の直通運転にあたり両社に導入された。採用理由は「タテヤマ(Fast建山駅)通るから。」
線形の良い奈須線八神以東や月凍線の高架区間では130km/hで走行する。

また、関陽鉄道・慧陽急行電鉄マップでは関陽鉄道関陽線全通に伴う特急「オーシャンビューあすか」運転開始時に導入された。しかし、神津電鉄直通運転開始時に特急「あすか」に置き換えられて255系は引退した。

画像 Edit

255.jpg

運用 Edit

奈須支社・対々急行鉄道 Edit

奈須高原〜菜々見海岸の特急ツインターボで使用。

関陽鉄道 Edit

天野川〜飛鳥港の特急オーシャンビューあすかで使用されていたが、
神津電鉄直通運転開始時に特急「あすか」に置き換えられて、255系は引退した。
のちに、愛急曾明、巡音支社、江北支社に売却され、下述の「コスモスコスモス」として再デビューを果たす。

愛増急行曾明支社、ニコ鉄巡音支社、江北支社 Edit

上述の「オーシャンビューあすか」からの引退編成と新造編成で、
SunriseAlliance新体制発表と同時にデビューした、
坂上中央〜呂布〜国際展示場間の「コスモスコスモス」の運用に就いている。

編成 Edit

奈須支社・対々急行鉄道 Edit

7両編成を3本づつ所有。計5編成で運用しているので1編成は予備車。