HTML convert time to 0.006 sec.


採用車種一覧/221系

Last-modified: 2011-05-18 (水) 20:12:44

概要 Edit

221系電車は2003年に登場した直流近郊形電車。ニコニコ鉄道株式会社の初音市北部支社として初めて新規に設計・製造された系列である。
ニコ鉄グループ各社が新型特急を新造する中、北部支社は稼ぎ頭である岩崎線に投入。
水樹七丁目開業に伴う快速運転の開始の際に導入された車両。最高速度は120km/h。
車内は転換クロスシートを採用している為、現在の準優等としての位置付けの快速では岩崎線のラッシュ時の収容力不足との意見もある。
実車での7両編成は存在しないが北部支社では神戸・京都線の8両編成からサハ220を1両抜いて、モハ220とクハ220がユニットを組んでいる。

画像 Edit

221-1.jpg

運用 Edit

初音市北部支社 Edit

岩崎線、南岩崎〜みくに間の快速列車で運用。

凍華支社 Edit

花守線普通列車で運用。

大和支社 Edit

大和本線?にて快速列車として運用。

東鳩急行電鉄 Edit

岡松吉線にて運用。

初音電気鉄道 Edit

最果線にて207系とともに運用。

桜高速鉄道 Edit

南北線、快速・区間快速での運用。

関陽鉄道 Edit

関陽鉄道関陽線の天野川以西の普通電車として運用されている。

編成 Edit

初音市北部支社 Edit

7両編成4本が在籍

←岩崎・初音原巳浜・みくに→
クモハ221
(Mc)
モハ221
(M')
サハ221
(T)
モハ220
(M1)
サハ220
(T')
モハ220
(M1)
クハ220
(Tc')

凍華支社 Edit

7両編成4本が在籍

大和支社 Edit

6両編成2編成が在籍

東鳩急行電鉄 Edit

4両編成2本が在籍

桜高速鉄道 Edit

4両編成4本が在籍(うち3本が休車