Top > 採用車種一覧 > 優等列車 > 特急みちしお
HTML convert time to 0.038 sec.


採用車種一覧/優等列車/特急みちしお

Last-modified: 2012-01-13 (金) 11:45:07
特急 みちしお
みちしおロゴ.jpg
運行会社神嶺支社対々急行風待支社南西支社銅谷支社
運行区間(神)神嶺港〜(銅)銅谷
使用車両JR北海道785系
本数1本/2時間
停車駅数10駅(起終点駅含む)


関連動画


概要 Edit

ニコ鉄神嶺-対々風待-ニコ鉄南西-ニコ鉄銅谷の4社を繋ぐ特急列車。
東風とSunriseAllianceを1本で結ぶ唯一の列車である。

編成は指定席4両+グリーン車2両の計6両と短い。
自由席を導入するべきだとの声もあるが、閑散期でも混雑が目立つので導入される予定はおそらくない。

古い情報

神嶺港〜茉莉ヶ丘 Edit

一流の観光名所である神嶺港を出ると列車はすぐに仙石市に到着する。
「なでこなでなで」と言っている病人がしばしば目撃されるが、東風大学医学部付属病院や有馬記念病院におとなしく収容させたほうがベター。
山をいくつか抜け、盛土高架線や掘割を過ぎると淀家橋駅を通過する。
ここで降りたいと騒ぎ出すアマチュアの乗客がいるが、列車は非情にも対々管内に入る。

 

桜屋を通過すると列車は特急専用線へ入り、スパゲッティー配線で名を馳せた茉莉ヶ丘、1段高い4F特急ホームに滑り込む。
以前はスタジアムのある小峰公園の臨時停車も設定されていたが、ホームの上空を通過し、物理的に止まれなくなったのでその設定はなくなった。

 

なお神嶺港行きでは仙石市にて特急東風と接続する。

茉莉ヶ丘〜天伶湖 Edit

茉莉ヶ丘から風待線へ。
発車してしばらくすると、大量の風車群・通称「風の中道」が現れる。
騒音を心配する声も上がっているが、そこは謎の技術で静寂を保っているらしく、公害という声も上がっていない。
また、この区間では平和島競艇からのお知らせが流れ、無線LANでレースライブを見ている乗客も居る。
ガラの悪い乗客はレースを見ながら文句を垂れる者も少数ながら見受けられ、車内販売員に「恥ずかしい野次禁止!」と窘められる場面も。

 

複々線の末端である涼倉台を通過すると列車は森の中へ。
流し満貫寺を抜け、森を抜けると左手に海を見ながら、
列車はやがて天伶湖に到着する。
切り通しの中に駅があり、特急停車駅としては小規模なものだが、
天伶湖国際ギャラリーや、文化会館施設・天伶湖プリマシティなどの整備も進み、観光の街並みが整備されている。
時々開催される大規模イベントの時は、ここで車内がにぎやかになる。
混雑した自由席で不用意に買ってきたツアーグッズを広げるのは控えたほうがいい、という場面も。
というか「みのりん」とか「ななさま」如きで普段来ない天伶湖来てんじゃねーよ

 

天伶湖〜奥鳩山 Edit

奥鳩山〜銅谷 Edit

停車駅 Edit

管轄路線名駅名停車駅
神嶺支社神嶺港線神嶺港
神嶺海岸
滝沢
南仙石
仙石市
神嶺本線
西仙石
神嶺八幡
七福
淀家橋
桜屋
対々風待弐扇天宮前
小峰公園
茉莉ヶ丘
風待線
栃原
絵津田
平和島
川野梅崎
平高
涼倉台
流し満貫寺
天伶湖
南西支社南岳本線天保岳
男山
鳩山市
奥鳩山
北麻生
新南小泉
銅谷支社銅急線蒼紫台
田奈鳥栖
長門田
新瀬
御瑠津線
久鷲区
紗棋院
和久手香
御瑠津
所盆
常光
大三元茶屋
新銅谷
銅谷

元ネタ Edit

満ち潮の夜(曲名)