HTML convert time to 0.007 sec.


採用車種一覧/優等列車/豆腐小僧

Last-modified: 2011-07-06 (水) 00:17:44

概要 Edit

 

特急 豆腐小僧
Toufu Kozou Limited Express
運行会社凛々鉄道練炭支社北将交通局
運行区間豆腐盛〜神幌〜谷雲
使用車両485系3000番台 京成AE100形 8両編成
本数不明
停車駅数6駅(起終点駅含む)
平均所要時間不明
運行開始日下記参照

 
 
もののけもの達との共存を実現させる練炭地区と、北将が繁栄させる志季上地区を結ぶ直通特急列車。
凛鉄練炭#11話・北将9章から登場。
当列車が走行する路線では運行上の優先順位の高い列車となっている。
名称由来は江戸末期から明治にかけて民衆の間で人気があった妖怪で
本やオモチャのキャラとして出回っていたことがあるという。
ちなみに2011年 この妖怪をモチーフにしたアニメ映画も登場するとのこと。
 
 
練炭本線(仮)・練幌線・神護線を走行する。
練炭地区に空港が無いことから 空港特急としての色も持ち合わせている。
稀に諸外国の妖怪が利用しているとか していないとか・・・
 
 
1号車にグリーン席が設けられており 別途グリーン料金を支払えば利用可能
また当席において 全裸および褌一丁での乗車が認められている。
実質男性専用車両と化しているのは言うまでも無いが
その手の光景が無問題ならば 女性でも利用は可能である。
以上の理由により 当列車の女性のグリーン席料金は通常の半額に設定されていた。
飛翔運転後、この半額サービスは廃止されているが 全席全裸・褌一丁乗車ができるようになっている。
 
※稀に体自体が透けているお客様がご利用になられる場合もございます。
 
 
なお、当列車は練炭地区の西部、菱淡・阿高・曾明地区へ直通する
特急「飛翔」へ置き換えられることが決まっており
飛翔として使われる車両であるAE100形への置き換えが順次進められている。
また飛翔運転開始後も 菱淡以東始発と深夜帯の菱淡以東まで行きの便は
引き続き「豆腐小僧」として運転されることになっている。

 

編成 Edit

  

  • 豆腐小僧運転開始時
  
 
 
 
豆腐盛
←   
グリーン
上記参照
指定指定指定
車掌室
自由自由自由指定 
 
 
谷雲
    →

 

  • 飛翔運転開始時
     (上記のとおり豆腐小僧として運転のもの)
  
 
 
 
菱淡
←   
指定指定指定指定指定自由自由自由 
 
 
谷雲
    →

 

画像 Edit

485_tohukozo_007.jpg
凛鉄練炭側で保有する485系、撮影地 練炭中央駅

停車・通過駅 Edit

菱淡以西発着の列車は「飛翔」として運転
 

路線管轄路線名駅名停車駅
相野鉄道炭淡線菱淡
凛々鉄道小豆新居町
真倉返
豆腐盛
練炭本線
(仮称)
厠花子
座敷童子
皿屋敷
唐傘
人霊
練炭中央
北将交通局練幌線
南13条東
皮岸
夜塚
誠唄
江鈴
神幌
神護線
穣野
夢見ヶ岡
藍超
谷雲

参考 Edit

ウィキペディア「豆腐小僧」
映画「豆富小僧」公式