Top > 採用車種一覧 > 優等列車 > 急行(安我馬本線・枇沙線・狛丸線)
HTML convert time to 0.061 sec.


採用車種一覧/優等列車/急行(安我馬本線・枇沙線・狛丸線)

Last-modified: 2012-07-20 (金) 21:37:02
急行
Express
運行会社ニコニコ鉄道狛堂支社
運行区間瓏仙堀〜荒田港
使用車両各種
本数
運行開始日1938年

概要 Edit

ここでは、狛堂支社安我馬本線枇沙線狛丸線の急行列車について記述する。

列車一覧 Edit

「フィリポフ」 Edit

列車番号(下り/上り)「フィリポフ1/2号」201M/202M
「フィリポフ3/4号」203M/204M
「フィリポフ5/6号」205M/206M
「フィリポフ7/8号」207M/208M
運行区間瓏仙堀〜番城〜荒田港
本数8往復/日
使用車両小田急60000形
列車等級二三等
食堂車なし
荷物車なし

安我馬本線全線を通して運転する急行列車である。
全線通しての急行が設定されたのは1950年のことで、1962年に気動車化され
「フィリポフ」「ジェーニャ」の名が与えられた。
1985年の全線電化で185系に置き換えられたが、
後に小田急60000形に置き換えられた。
2020年の改正で列車名を「フィリポフ」に統合した。

編成 Edit

←進行方向
1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車9号車10号車11号車12号車
三等車三等車三等車二等車三等車三等車三等車三等車三等車二等車三等車三等車

停車・通過駅 Edit

管轄路線名駅名停車駅
狛堂支社安我馬本線瓏仙堀
南瓏仙堀
河毛
倉磐
岩間
不知火
枇取亜
蒜葉雄
甘木
丸洲
山北
豊原
一井
番城
梨尾
海老江
鴨方
島尾
南島尾
京極
堅田
三条
荒田
荒田港

元ネタ Edit

  • フィリポフ
  • ジェーニャ
    いずれも「コマンドーR」の登場人物である。

「エイリア」 Edit

列車番号(下り/上り)「エイリア1号/2号」401M/402M
「エイリア3号/4号」403M/404M
運行区間沙里亜〜番城
本数2往復/日
使用車両小田急60000系
列車等級二三等
食堂車なし
荷物車なし

枇沙線直通の急行列車は1938年から創設されている。
狛丸線未開業であった当時は狛堂方面からのアクセスを担う役割として、3往復設定されていた。
その後、狛丸線が開業すると2往復に削減されたが、人口増加中の沙里亜地方から丸洲、番城への重要なアクセス手段である。
1978年の番城電化と同時に電車化し、現在は小田急60000系が運用に就いている。

編成 Edit

←進行方向
1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車9号車10号車11号車12号車
三等車三等車三等車二等車三等車三等車三等車三等車三等車二等車三等車三等車

停車・通過駅 Edit

管轄路線名駅名停車駅
狛堂支社枇沙線沙里亜
西沙里亜
文殊
春瀬
西春
更五砂
湯弁鳥栖
安我馬本線枇取亜
蒜葉雄
甘木
丸洲
山北
豊原
一井
番城

元ネタ Edit

  • エイリア
  • ゲルダ
    いずれも「コマンドーR」の登場人物である。

寝台急行23/24列車 Edit

列車番号(下り/上り)23/24
運行区間瓏仙堀〜番城〜荒田港
本数1往復/日
使用車両EF64+20系ほか
列車等級二三等
食堂車あり
荷物車あり

安我馬本線を全線通して運転される寝台専用急行列車である。
1962年に運行を開始し、当時の書記であった十六夜咲夜にちなんで「いざよい」という列車愛称が就いたが
1986年に同氏が辞職(3.12離反)した直後の改正で愛称の変更を検討し、公募にかけた結果、
応募数が著しく少ないこともあって列車愛称は削除され、NULL、いわば空白の状態になった。

編成 Edit

←進行方向
1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車9号車10号車11号車12号車
荷物車二等寝台車二等寝台車二等寝台車二等寝台車二等寝台車食堂車三等寝台車三等寝台車三等寝台車三等寝台車三等寝台車

停車・通過駅 Edit

管轄路線名駅名停車駅
狛堂支社安我馬本線瓏仙堀
南瓏仙堀
河毛
倉磐
岩間
不知火
枇取亜
蒜葉雄
甘木
丸洲
山北
豊原
一井
番城
梨尾
海老江
鴨方
島尾
南島尾
京極
堅田
三条
荒田
荒田港

「月見」 Edit

列車番号(下り/上り)「月見1/2号」601M/602M
「月見1/2号」603M/604M
「月見5/6号」605M/606M
「月見7/8号」607M/608M
運行区間狛堂空港〜丸洲〜番城
本数4往復/日
使用車両小田急60000形
列車等級二三等
食堂車あり
荷物車なし

狛堂グランドセントラル駅から狛丸線を通り、番城へと至る急行列車である。
1942年の狛丸線開業と同時に設定され、また、同路線が狛堂支社初の電化路線であったことから
当初から電気機関車の牽引列車であった。
1985年に狛堂空港線が開業すると、運転区間もグランドセントラルから狛堂空港駅までに伸ばした。
特急「鯉昇」とともに番城地区からの空港輸送を担っている。
1962年に電車化され、153系、165系、185系と使用車両が変遷し、現在は小田急60000形となっている。

編成 Edit

←進行方向
1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車9号車10号車11号車12号車
三等車三等車三等車二等車三等車三等車三等車三等車三等車二等車三等車三等車

停車・通過駅 Edit

管轄路線名駅名停車駅
狛堂支社狛堂空港線狛堂空港
狛堂運動場
狛丸線狛堂グランドセントラル
西大路
沼橋
新澤
備前手
原谷
江南
薔薇鳥
生瀬
月見山
安我馬本線丸洲
山北
豊原
一井
番城

元ネタ Edit

  • アスレティック・ビルバオ - スペイン・バスク地方のサッカークラブ。

過去の情報 Edit

./1962年版