Top > 採用車種一覧 > 東武鉄道8000系
HTML convert time to 0.002 sec.


採用車種一覧/東武鉄道8000系

Last-modified: 2012-06-09 (土) 22:39:53

概要 Edit

東武鉄道の通勤型電車で1963年より導入された。
同一系列で製造された数(712両)として私鉄最多であることから、「私鉄の103系」とも呼ばれる。
また製造番号不足で5桁表記となり「インフレナンバー」の車両も生まれた。
今なお多数の車両が現役で運行している。

 

なお修繕工事年度の違いで、前面形状がオリジナルのままの車両が存在する。
1986年度の工事を受けたもので初期修繕車と呼ばれる。
アナル工機?が、"A列車で行こう7"対応の当該車両を公開している。

写真 Edit

tobu8000-8.jpg

運行状況 Edit

  • 欧州開発局
    イギリス・アイリッシュライナーの普通列車として運用
  • 城ヶ湾支社
    夢浜線普通と覇兎古洲線で運用
  • 狛堂電鉄
    羊蹄堀線の普通列車として運用

編成 Edit

  • 欧州開発局
    4両編成1本が在籍
  • 城ヶ湾支社
    6両2編成、4両6編成がそれぞれ運用
  • 狛堂電鉄
    2両8編成が在籍。