Top > 採用車種一覧 > 伊豆箱根鉄道7000系
HTML convert time to 0.002 sec.


採用車種一覧/伊豆箱根鉄道7000系

Last-modified: 2011-02-07 (月) 12:32:59

概要 Edit

 伊豆箱根鉄道が、旧式列車置き換えと線内快速列車増発を行なうために、3000系・5000系に次いで発注した自社オリジナル車両。
 3両固定編成。車内設備は全車クロスシート(車端部・ドア付近固定式、それ以外転換式)で、快速運用で座席指定車としていた中間車のみ2つドアになっているのが大きな特徴。それゆえ、観光客などからは概ね好評な反面、通勤・通学ラッシュ時の運用には不向きとされる。
 JR東海との直通運転を想定して製造されたため、同社のATSを装備していたり、幕に「熱海」「富士」「沼津」といった行き先が隠されていると言われているが、製造時の1991年から今日に至るまで直通は実現しておらず、一部機器については撤去済みらしい。
 

画像 Edit

7000系ワンマン表示撤去.jpg

運用・所属 Edit

門川電鉄(来栖・東方遠征開発課) Edit

 ニコニコ鉄道(来栖支社)と初の直通運転を行なうため、門川電鉄が如月重工に発注した。ニコニコ鉄道保有の311系と共通運用で、七草線ニコニコ鉄道来宮線網星線を結んでいる。