Top > セレロンインダストリアルパーク
HTML convert time to 0.020 sec.


セレロンインダストリアルパーク

Last-modified: 2015-01-08 (木) 21:55:26

CIP(Celeron Industrial Park)概要 Edit

CIP試作ロゴ1.png
 双海地区にあるセレロンインダストリアルパーク(以下CIP)は、現在花映岬地区に存在するCRG本社機能を補完するために設置されたCRGの集積施設。
 双海地区の沿岸部にある人工島、翔瑞島の隣に位置する島全体がCIPとなっており施設内には29階建てのビルが4棟あり、各ビルにそれぞれ「大鳳」「祥鳳」「千歳」「千代田」と名前がついている。他にも17階建てのビルが1棟あり、こちらには「龍鳳」の名前が付いている。他には社員用の保養施設「セレロン瑞鳳館」がある。

CIPの設立経緯 Edit

 CIP内にはグループ全体を統括するCRG双海本部が設置されている。というのもCRG本社がある花映岬地区は、グループ企業が7社とそれほど多くなくニコ鉄界に広く存在するセレロングループ全子会社の現状を把握、統括するには立地的にあまり適さないと言う欠点があった。それを改善するために設置されたのがCIPである。CIPに子会社の大部分を集め、把握しきれていなかったグループ全体の実情を把握し指揮系統を再構築する狙いがある。
 現在双海地区にはCRGの子会社を誘致している地区では最多となる17の子会社が存在し、CIP内には支社が設置されている。なお、双海地区に誘致されていない他の子会社もCIP内にサテライトオフィスを設置しており、グループ全体の把握に一役買っている。

セレロン瑞鳳館について Edit

 社員用の保養施設である「セレロン瑞鳳館」はCRG社員や関係者、来賓等が使用する宿泊施設で、その豪華な外見から地元住民からは「セレロン御殿」とも呼ばれている。
 来賓が来た時の為に内部も豪華な造りになっており、天然温泉や通年利用できる温水プール、体育館などがある。
 一番の特徴が開閉式屋根を備えるサッカー専用の競技場があることで、CIPのサッカー部である「双海フラッグシップ」が練習及び試合に使用している。

CIP各ビルのフロアマップ Edit

「大鳳」フロアマップ Edit

 1階 エントランス 2階〜15階 セレロン・エレクトリック 
 16階 CRGサテライトオフィス 17階〜23階 CEエアロスペースシステムズ
 23階〜29階 セレロンスターリ

「祥鳳」フロアマップ Edit

 1階〜15階 コーストリテイリング 16階 CRGサテライトオフィス
 17階〜21階 セレロン銀行 22階〜26階 セレロンパブリケーション
 27階〜29階 セレロンディライト

「千歳」フロアマップ Edit

 1階〜15階 JRCマリンユナイテッド 16階 CRGサテライトオフィス
 17階〜19階 JRCポート・オーソリティ 20階〜26階 双海臨海モノレール本社
 27階〜29階 セレロントランシス

「千代田」フロアマップ Edit

 1階〜11階 ミシカルエアウェイズ 12階〜15階 ホワイトロック・パーセル・サービス
 16階 CRGサテライトオフィス 17階〜24階 セレロン林業 
 25階〜29階 セレロンエリーベバレッジ

「龍鳳」フロアマップ Edit

 1階 エントランス & 社員食堂「セロロン」 2階〜10階 セレロン製薬
 11階〜17階 セレロングループ双海本部

アクセス Edit

 双海新都市鉄道・双海臨海モノレール「みずかもめあまみ新港駅より
双鉄臨港バスC84番 三浦桟橋通・椎工前経由CIP前行き、85番 三浦桟橋通・セレロン瑞鳳館経由CIP前行きに乗車

関係各所へのリンク Edit

 セレロングループ
 双海新都市鉄道

元ネタ Edit