Top > NKSエイルドリーム航空
HTML convert time to 0.011 sec.


NKSエイルドリーム航空

Last-modified: 2016-10-12 (水) 22:52:20

NKSエイルドリーム航空株式会社 Edit

NKSエイルドリーム航空
IATA
NE
ICAO
NKS
コールサイン
Air Dream
nks_06.PNG
ハブ空港詩夢雲龍空港
所属アライアンスイーストスカイ
所属会社スマイル高速鉄道慧陽急行電鉄詩夢市
  • 種類 株式会社
  • 略称 NKS・ネクス
  • 本社所在地 詩夢雲龍空港隣接
  • 業種 運輸業
  • 事業内容 旅客航空業
  • 拠点空港 慧陽国際空港夢浜新港

概要 Edit

詩夢雲龍空港建設と同時に設立した、詩夢支社とスマ鉄赤地の合弁の航空会社。

詩夢支社の方が出資比率が多い為、マイルサービスが「フライングブルー」という名前になっている。

貨物便は一切取り扱っていない。

「お客様は神様です!千早はNisno支社長のお姉様です!」
と毎日朝礼で社員全員が叫んでいるの社屋で見ることができる。

ちなみに、「NKS」とは、<Nikotetu Kakeru Sumatetu>の略である。

  1. しかし、ニコニコ鉄道詩夢支社が撤退する際に保有株を全てスマイル高速鉄道に売却
    一時的に保有比率がスマイル高速鉄道:詩夢市で9:1となっていた。
  2. スマイル高速鉄道としては、
    航空子会社を1社だけで保有するのは衰退につながる
    と考えていたので「共同経営者」を探していた。
    なおかつ、詩夢雲龍空港の許容量の限界が近かったため
    就航数が多かった「慧陽国際空港」を<第2ハブ空港>とする交渉を同時に開始した。
  3. <第2ハブ化>交渉が完了した時、当初は関陽鉄道に共同経営者なってもらおうともくろんでいたが、
    その際、「関陽鉄道がサンライズアライアンス加盟」というニュースを知る。
    関鉄のバックに世界最大級の鉄道会社「ニコニコ鉄道」が付いたことで、
    この地域でのパワーバランスに危機感を持ったスマイル高速鉄道が
    「慧陽急行電鉄」に対してNKS株式譲渡を持った共同経営者交渉を開始し、
    即日締結となったのだった。
    ちなみに割合としてはスマ鉄:50% 慧急:40% 詩夢市:10%となっている。
    1. これを期に販売を開始されたのが「慧急慧得2枚きっぷ」である。
  4. 先日、飛行艇運航会社である「夢浜飛行艇輸送」を買収。
    社名にも入っている「夢」の文字をもらい受け、<NKSエイルドリーム航空>に社名変更。
    夢浜飛行艇輸送時代の航路も引き継ぎ、新明和US−2に全路線切り替えた。
    買収してすぐに、飛空艇航路を倍増(4路線→10路線)させた。

子会社 Edit

KSK Air

ロゴ Edit

  1. 正式社章
    NKSairdreamロゴ.png
  2. 簡易社章
    nks_06.PNG
    1. 簡易社章は、もみじデザイン謹製です。
      納品ありがとうございました。

就航路線 Edit

保有機材 Edit

エアバスA300-600
エアバスA320-100
エアバスA320neo
エアバスA380

新明和US-2

アエロスパシアルconcorde
マクドネル・ダグラスDC-6(金長航空からのリース機)

元ネタ Edit

エールフランス航空
KLMオランダ航空